カメラ屋元公式中の人アオキのブログ

元公式中の人アオキが日々の生活や思った事を書いております♪

家でも焼き芋が出来ます。

 焼き芋・・・冬は特に食べたいですが
ストーブや専用の鍋などが無いと出来ないかなぁと思っていましたが
以前釣った魚を焼く用にフィッシュロースターを買ったのを思い出し
『あれなら焼き芋が出来るんじゃないか?』と試してみたところ
完璧でした♪ 

f:id:naoyafs1:20180118144158j:image

一度オーブントースターで試したのですが
火が通りきらず失敗してしまいました。
元々サツマイモに火を通すのにはかなり時間がかかります。
フィッシュロースターで焼き芋を作るには25分ほど焼く必要があります。 

f:id:naoyafs1:20180118144214j:image

以前魚は焼いた事があるので分かるのですが
ガスコンロについているグリルも同じだと思います。
お芋をよく洗った後にアルミホイルに包んで焼くだけです。
キッチンペーパーや新聞紙を湿らせて焼くのも良いと思います。 

f:id:naoyafs1:20180118144237j:image

たまに売っています焼き芋用の黒いアルミホイルですが
焼く時間が短くても大丈夫ですね。
黒いアルミホイルなら25分、普通のものなら30分ぐらい焼くといいですね。
お芋の大きさによってはもう少し焼かないとダメだと思います。
以前千葉の道の駅くりもとでたくさんサツマイモを購入したのですが
細いものや小さいものを買っていましたので良かったです。
f:id:naoyafs1:20180118144315j:image

サツマイモ、と言っても色々種類がありまして
ベニコマチ、ベニアズマ、安納芋、シルクスイートなどさまざまです。
芋の種類によっても焼いた際の仕上がりが変わるので面白いです。 

f:id:naoyafs1:20180118144250j:image

料理、というよりはただ待つだけなのですが
アルミホイルに包まれているので様子が伺えないんですよね(笑)
たまにブシュ!と音がする時がありますが
とりあえず焦げていなければ何とかなると思いながら我慢します。 

f:id:naoyafs1:20180118144303j:image

焼けた芋を割ってみて、こんな感じで中まで色が変わっていれば完成です。
お芋によって全体がネットリしていて甘みが強いものや
どちらかというとパサパサしているものなどありますが
毎回このお芋がなんという芋だったかが分からなくなり
『まあ、美味しいからいいや』と食べています(苦笑)

やはり安納芋は別格ですね、焼いたらそのままスイートポテトのように
甘みが強くてネットリしているのですが
もう一つ凄く良い仕上がりになったお芋があったのですが
・・・あれはどれだったのかが分からないんですよね(泣)

近いうちにまた道の駅でお芋を買ってきたくなりました♪