カメラ屋元公式中の人アオキのブログ

元公式中の人アオキが日々の生活や思った事を書いております♪

普通の三脚とビデオ用三脚の違いについて。

カメラ用とビデオ用の三脚の違いは
雲台にあります。

 

よく聞かれるのですが
『何でビデオ用と普通のカメラ用の三脚ってあるんですか?』
という質問を受けます。
違いは結構明確にあるんですよ♪


まず、カメラは【静止画】を撮影し
ビデオは【動画】を撮影する事を
前提として考えてみますと
大きな違いがあります。

それは『パン』と『チルト』です。

・・・パン、食べ物じゃないですよ(苦笑)

横に動かすのがパン、縦に動かすのがチルトと言いまして
動画ならではの動作ですね。
よく考えてみてください。
ビデオで撮影している際に
横にガクッ、ガクッと動くと変な感じになりますよね。

TVを見ていて『こちらが富士山です』
なんて映像を映している際に
映像が横に動いていく、という時には
滑らかだと思います。

この、特に横の動き『パン』を
スムーズにするために
三脚の形状が違ったりします。
では形状の違いを見てみましょう。

 

まずはカメラ用の雲台がこんな感じです。

shop.kitamura.jp

SLIK 3WAY雲台 SH-805 水準器搭載 SH-805

SLIK 3WAY雲台 SH-805 水準器搭載 SH-805

 


2本の棒(グリップ)が付いていて
一つのグリップを回すと縦方向に動かせるようになり
もう一つのグリップを回すと横方向に動かせます。

 

f:id:naoyafs1:20180615153223j:plain

これは写真【静止画】を撮る場合には
撮影している時にはカメラを動かさないため
ハンドル操作でカメラを固定してから
パシャッと撮ればいいですよね。
カメラを動かす時に撮影はしない、という事になります。


ですがムービー【動画】だと
上下左右に動かす事があります。
しかもスムーズに動かさないといけないですよね。
ですのでビデオ用雲台はこんな感じです。

shop.kitamura.jp

Manfrotto 雲台 小型フルードビデオ雲台 40mm フラットベース MVH400AH

Manfrotto 雲台 小型フルードビデオ雲台 40mm フラットベース MVH400AH

 


基本的にカメラを動かすように作られていますので
グリップ部分は回して緩めるようになっていません。
なおかつ長めの棒になっています。

こちらはスムーズに横移動【パン】や
縦移動【チルト】出来るように
するためこのようになっています。

f:id:naoyafs1:20180615154151j:plain

『え、これだけの違いならカメラ用三脚でも・・・』
と思ったあなた、違うんです。

それだけじゃないんです。

三脚を持っている方でこんな経験は無いですか?
例えばカメラを取り付けた後に
ハンドルを緩めたらカメラの重さで
勢い良く下に向いてしまった、なんて事があると思います。

ビデオ用三脚の雲台は
普通のカメラ用三脚には付いていない
油圧式(オイルフリュード)の雲台になっているものがあります。 

f:id:naoyafs1:20180615154207j:plain

油圧式・・・どういう事かと言うと
ハンドルを緩めた時に
簡単に下に向いたりしないように
抵抗がかかるようになっています。


これは重たいビデオカメラを動かす時に
カンタンに動いてしまったら
手の力だけでゆっくり動かす事になるので
かなりプルプルすると思います(笑)

油圧式の雲台は重い機材でも
ゆっくり動かす事が出来るようになっています。

実は縦の動き【チルト】に対して
スムーズに動くようになっているのが
油圧式のビデオ三脚で
横に動く【パン】に関しては
普通の三脚でも
比較的スムーズに動かせるので
ゆっくり動かすために
長いハンドルになっている、というわけです。

これはビデオカメラだけではなくて
一眼レフに600mmなどの超望遠レンズを
取り付けた撮影でもビデオ雲台が有効です。

そうですよね
レンズの重さでお辞儀しちゃったら
三脚ごと倒れてしまいますよね(苦笑)

 

どんな感じなのかは
こちらの動画を見ると分かりやすいですよ♪ 

 

それではいくつかオススメ三脚をご紹介しましょう。

安いモデルでも油圧式雲台が付いているものがあります。
ベルボンのEX-447は小型ながら使いやすいと思います。 

shop.kitamura.jp


スマホで動画を撮る場合などは
このぐらいのものに
スマホアダプターを付けて撮影すれば
キレイに撮れますよ♪

 

もう少し大き目のビデオカメラや
ミラーレスや一眼レフで動画を撮る際には
マンフロットの
MK290LTA3-V ビデオ三脚キット がオススメです。 

shop.kitamura.jp


このぐらいだったら
結婚式などの撮影でも使いやすいと思います。

 

いやいや、家にスタジオあるから
デカイビデオカメラで使うんだ
という方でしたら
リーベックのビデオ雲台はいかがでしょうか?

shop.kitamura.jp 

 このぐらいのビデオ雲台があると
もっとプロっぽい動画が撮影出来ますね♪

そういえばyoutuberの動画って
あまり横に向けたり縦に動かしたりしていないですよね?
多分ビデオ雲台を使っていないからだと思います。

紅葉の時期に秋の古刹をじっくり撮影して
自前の旅行番組風の動画とかを作るなら
ゴツイビデオ三脚があると
イイ感じに撮影出来ます(笑)


まあ、普通にイベントやセミナー会場などでも
動画を撮る際にも
ちょっとレベルアップしますのでオススメですよ♪