カメラ屋元公式中の人 アオキのブログ

カメラ屋元公式中の人のアオキが旅行や買い物などについて書いております

気晴らしにチャーシュー作りました、その1。

そういえばジャスミンティーは
別に眠りを誘わないそうです(笑)

人によって気晴らしの方法は違うと思いますが皆さんはどんな事をして気分を変えているのでしょうか。お酒を飲んだり甘いものを食べたり、音楽を聴いたり映画を観たり・・・と色々あるでしょうね。今回それなりにショックな事がありましたが、状況的にはやや仕方ないのか・・・という内容でしたので何かしらで解消したいと思いました。さすがに40歳を過ぎると痛飲する気にもならないですし盗んだバイクで走り出すわけにもいかないですからね(笑)そんな時によく見ているデイリーポータルZのライターの松本さんがチャーシューを作る記事を見まして、これだ!と勝手に思いました(笑)

陰鬱とした気分を晴らすには豚肉ですね(笑)早速帰りに西友へ寄って買ってきました♪ 

f:id:naoyafs1:20200730190247j:image

場所にもよるんだと思いますが、赤羽の西友では豚肉のブロックのところにサービスでネットが置いてありました。もちろん無くても作れますが雰囲気がグッと出ますね♪
f:id:naoyafs1:20200730190258j:image

鶏胸肉は良く買いまして塩鶏を作るのですが豚肉のこのぐらいデカいのは久々ですね。バラブロックは角煮などを作るのに使いましたが今回はチャーシューっぽい肩ブロックです。個人的には焼いても美味しそうな感じですがそれだと気持ちを浄化出来ないですからね(笑)
f:id:naoyafs1:20200730190301j:image

まずはお肉にネットを取り付けます。ゴムみたいに伸びるので簡単ですが完全にチャーシューっぽくなりますね。ネットって偉大です(笑)
f:id:naoyafs1:20200730190240j:image

ではまず表面を焼いていきましょう。旨味を閉じ込める的な感じですが、この後長時間煮ますので気分的なものかなと思います。
f:id:naoyafs1:20200730190243j:image

中まで火を通す必要は無いので焼き目を付けていきます。
f:id:naoyafs1:20200730190251j:image

ひっくり返すとイイ感じです。豚肉のいい香りがしてきます。
f:id:naoyafs1:20200730190236j:image

肉からも油が出るので段々油がはねていきます。トングで向きを変える時にアチチッとなりますね。こういう風になるのも知らなかったです。
f:id:naoyafs1:20200730190314j:image

熱いので蓋をしました。こんなに油が飛んでいるかと思うとゾッとします。
f:id:naoyafs1:20200730190305j:image

中までは火は通せないですが焼き目がつけば十分です。ここから野菜と一緒にジックリ煮込みましょう。
f:id:naoyafs1:20200730190324j:image

前回ブリ大根を作ったスロークッカーを使用して8時間ほど煮込みます。時間に意味は無いですがそこまで煮れば柔らかくなるはずです。
f:id:naoyafs1:20200730190232j:image

こういう時に限って一緒に煮る野菜がそんなに無かったのですがショウガ、玉ねぎ、あと買ってあった千切りキャベツを入れて煮込みます。
f:id:naoyafs1:20200730190254j:image

まずはショウガをみじん切りにしました。煮込んだ後のスープにはブイヨンを入れて夕食に食べようと思いますので無駄が無いですね♪f:id:naoyafs1:20200730190320j:image

玉ねぎも1つ丸ごとみじん切りにします。ここら辺は適当ですが失敗しないでしょう。
f:id:naoyafs1:20200730190310j:image

そこに千切りキャベツを入れます。たまたまあって良かったです。これで家にあるものでそれっぽい感じになりました。そういうのは大事ですよね(笑)
f:id:naoyafs1:20200730190328j:image

アクが出るかもしれないのでキッチンペーパーを落し蓋にします。後は電源を入れれば勝手に煮込まれますのでスロークッカーさまさまですね♪
f:id:naoyafs1:20200730190336j:image

スロークッカーの時間をセットするのですが、最初6時間にしていましたがこの後出かけるので8時間がちょうど良い感じでした。煮込み時間としては6時間でも全然大丈夫だと思いますよ(笑)
f:id:naoyafs1:20200730190332j:image

ここまでで結構内容が濃かったので次のブログで味付けなどをご紹介いたします。